調査・研究事業

児童生徒一人一人の個性や伸長を図るため諸検査を実施し、学校現場での資料活用に供する。

  • 本市の現状に即した実践的な調査・研究を行い、その結果や成果を学校や教育委員会へ提供する。
  • 琉球大学教育学部との連携を図り、調査・研究の専門家の助言を得ることにより、学校教育に有効なデータを提供する。

研修事業

入所研修、教職員研修、教育文化講演会等研修事業の充実を図る。

  • 研究教員は、今日の教育課題を踏まえた研修を推進し、研究と修養の理念に基づき、教育の専門家としての確かな力量と総合的な人間力を高め、資質の向上を図る。
  • 研究教員の研究は、先輩教員や琉球大学教育学部との連携を図り、研究の進め方等への助言を得ることにより、研究の質の向上を図る。
  • 研究教員は、公開授業、報告書の作成、成果報告会により、研究の成果を教育関係者に提供する。
  • 教職員研修・教育講演会は、現場のニーズに対応し、教職員の資質の向上を図る。

入所研修

 市内の小学校・中学校教諭から年間2人を選任し、前期及び後期の6ヶ月間の長期にわたり入所し、それぞれの教科・領域の研究テーマで研究を行い、研究の成果を報告書にまとめ報告会で発表する。

  1. 研修期間
    • 前期 4月1日〜9月30日
    • 後期 10月1日〜3月31日
  2. 募集人員
    • 前期 1人
    • 後期 1人

教職員研修

 市内の幼稚園・公立学校の教諭等を対象に、今日的教育課題や学校課題に即したテーマで研修会を開催し、学校教育の活性化に寄与する。

教育文化講演会

市民、教育関係者を対象に教育的、文化的テーマで講演会を開催する。

情報・広報事業

○情報機器の整備、紀要等の刊行と、インターネットを活用した情報を発信する。
○教育図書や県内外の教育研究資料を収集・整理し、閲覧や貸し出しを行う。

  • 開かれた教育研究所をめざし、効果的な方法で研究所の事業の周知を図る。
  • ホームページを通して研究情報を発信し、情報の共有化を図る。
  • 市内の研究指定校や県内の教育研究所等の研究紀要を収集整理し、教育関係者に提供する。
  • 研究教員報告書、まてぃだ教室実践報告書を刊行し、教育関係者に提供する。
  • 教育相談リーフレットを作成し、教育相談室、まてぃだ教室の機能を知らせる。
  • 図書資料を充実し、教育関係者の研究を援助する。

↑このページのトップに戻る